ヘルペスという再発が多いことで知られている病気があります。この厄介なヘルペスに効果が期待できるのが、バルトレックスという治療薬です。では、バルトレックスには具体的にどのような効果があって、それと引き換えにどのような副作用が懸念されるのでしょうか?

細菌と薬
  • ホーム
  • バルトレックスを小児に使う場合の注意点

バルトレックスを小児に使う場合の注意点

細菌

バルトレックスはウイルスのDNAのコピーを妨害することにより、ウイルスの増殖を抑える効果があります。
単純ヘルペスウイルス感染症の抑制効果があります。
子どもの性器ヘルペスの再発抑制の効果も期待できます。
薬を服用して、痒みや発疹などのアレルギー症状がでた場合は使用をやめて医師と薬剤師に相談すると良いでしょう。
小児に使う場合には特に注意が必要です。
体重40キログラム以上の小児は1回2錠を1日3回服用しましょう。

バルトレックスが顆粒タイプであるものの場合は、1000ミリグラムを1日3回服用します。
顆粒タイプは必ず、指定された量をきちんと飲みます。

飲み方はゼリー状のオブラートに包み、水で飲むと飲みやすいでしょう。
性器ヘルペスの再発抑制の場合は子供の体重が40キログラム以上の場合、使用量は1回1錠500ミリグラム服用することで効果があります。

飲み忘れた場合は、気づいた時点で1回分服用しましょう。
ただし、次に服用する時間がもうすぐの場合は服用しないほうが良いです。
服用中は水分補給に気をつけましょう。水分制限されている場合は医師に相談して水分補給を適切にコントロールする必要があります。
眠気を誘発する効果があるので、自動車の運転や、重要な作業を行う場合は十分に注意します。
一人で作業を行わず、必ず2人で作業を行い、万が一異変が起きた際のために事前に自分がバルトレックスを服用したことを伝えておくと良いです。
医師から車の運転を制限されている場合は医師の指示に従って下さい。

バルトレックスの飲み方には注意が必要です。
顆粒タイプの場合は喉に詰まらせる可能性があるので、大量の水を同時に服用することをおすすめします。

副作用の兆候が見られたら医師に相談することで解決してください。
アナフィラキシーショックの症状が現れた場合はただちに服用を停止して医師に相談してください。
中には命にかかわることもありますので自己判断は禁物です。

バルトレックスの使用量を間違えると副作用が現れる?

バルトレックスには抗ウイルス作用があると同時に副作用も知られています。
主な副作用として頭痛や眠気、吐き気や下痢などが表れることが報告されています。
これらはバルトレックスの使用量を間違えると副作用の症状が大きくなります。
体重40キログラム以上の子供の場合は1回につき1錠から2錠までなので、過剰摂取しないように心がけます。
誤って多く飲んだ場合は薬剤師か医師に相談しましょう。

医師や薬剤師の指示がないにも関わらず、勝手に自分の判断で服用を停止しないで下さい。
服用中は利尿作用があるので水分を多く取ります。
水分と同時に電解質などのミネラル成分も放出されていくので、ミネラルウォーターかスポーツドリンクを飲むと良いです。
呼吸困難、まぶたや唇の腫れや動機などのアナフィラキシーショックが発生した場合は直ちに薬の服用を停止して、医師または薬剤師に相談して下さい。
それだけでなく、副作用の一部として、発熱や尿量減少、むくみや倦怠感などの副作用が報告されています。
バルトレックスを服用して異変を感じたら、可能な限り早く医師に相談して下さい。

バルトレックスが余った場合は、保管せず廃棄しましょう。
他に薬を飲んでいる方はお互いに作用が競合してしまう可能性があり、身体にダメージを与えてしまう可能性があるので、一般的な医薬品を含めて事前に相談して下さい。

妊娠または授乳中の場合、赤ちゃんに薬の影響を与える恐れがあるので、服用せず担当の医師に相談することが良いです。
服用中は眠気や倦怠感により、いつもは難なくできている作業がうまくできないことがあります。
作業が出来ないことで不都合を感じるのであれば、医師に薬の量を減らすなど相談することで解決することもあるでしょう。